精力アップに効果的と評判のペプチアですが、ペプチアを使用し、精力アップするとどのようないい事があるのでしょうか?

ここでは精力アップと一流の男との関連性ともてる男になるための秘訣をご紹介していきます!

是非ペプチアで精力アップに取り組んでくださいね♪

 

一流の男がモテるのは、科学的にも証明できる。

一流の男は例無く女性にモテる。

男性は、美しい顔立ちやボディラインといった視覚的な面で女性を評価しがちなのに対して、女性は男性のハード面(外見、見た目)とソフト面(内面、男らしさ)の両方から男性を評価する。

これは、太古の昔から連綿と受け継がれてきた女性の本能といってもいい。

太古の昔、男の役割は、まず狩りに出て獲物を仕留めてくることが第一だ。

女性はそうした男の庇護のもとに、長年にわたって子どもを産み育ててきた。

したがって、女性にとって、獲物を仕留める力(経済力)やコミュニティの中で高い地位を築く力(影響力、決断力)といった男の能力は、自分や子どもを守ってくれるのに必要不可欠な要素といえる。

女性が一流の男に惹かれるのは、すぐれた子孫を残すために、すぐれた遺伝子がほしいという動物的本能によるものといっていい。

狩りが下手な男、頼りなくて家族を養うことができない甲斐性のない男の遺伝子を残したいとは思わない。

そんな男の遺伝子では子孫が絶えてしまう危険がある。

つまり女性は、生物学的に見ても優秀な遺伝子を残したいのだ。

一流の男は男性ホルモンが高い!

そして、高い能力をもつ男、すなわち一流の男は、すべからく男性ホルモンが高い傾向があるということだ。

男性ホルモン値の高い男性は、総じて筋肉質で男としても自信がみなぎっている。

そういう意味で、彼らは女性を惹きつける「フェロモンのようなもの」をもっているといえるだろう。

「フェロモンのようなもの」とカッコ書きしたのには理由がある。

私たちはセクシーな女性をみると、よく「フェロモン、ムンムンだ」などといったりする。

ただこれはあくまでもセクシーさをイメージ的に表現したものであって、フェロモンという物質が実際に分泌されているわけではない。

性フェロモンは、生き物が交尾の準備ができたとき発せられると考えられている。

昆虫にあることは実証されているが、人間に存在しているかどうかは分かっていない、いわば謎の物質なのである。

ひとたび性フェロモンを放てぼ、たちまち異性が虜になる…性フェロモンが人間にも存在するなら、これを利用しない手はないのだが、人間がフェロモンを感じ取る器官は、すでに退化して、なくなっているともいわれている。

ヒトにフェロモンがあるかどうか、長年にわたり論争が続いてきたが、最近の研究で、男性の汗の成分であるアンドロスタジエノンにはフェロモン作用がある、ということが発表された。

この物質のにおいを女性にかがせて生理的な変化を調べたところ、抗ストレスホルモンといわれるコルチゾールの濃度が高まり、女性が性的な興奮を覚え、血圧、心拍数、呼吸数などが増加したそうだ。

アンドロスタジエノンという物質は、男性ホルモンから合成される。

人間のフェロモンには未知の部分が多いものの、男性ホルモンと密接な関係があるのは間違いなさそうだ。

男性ホルモンがたっぷりある人ほど、多くのフェロモンを放っているのかもしれない。