これまでの記事でご紹介してきたように、精力の減退は普段の活力を低下させ、仕事やプライベートにもかなりの悪影響を与えます。

仕事での判断力を低下させたりイライラの原因にもなるそんな精力減退・・・

仕事のモチベーションを上げるために様々な工夫をしてもなかなかモチベーションが上がらない。

そういった事に心当たりがある方は精力が減退している可能性大です!

ここではペプチアを飲む以外の、精力アップする為のちょっとしたコツなどもご紹介していきます!

 

自己啓発セミナーに通うより、男性ホルモンを上げたほうがうまくいく。

家庭も仕事もうまくいかない時期は、例外なく、この暗いトンネルから早く抜け出せないかとあせるものだ。

「このままではいけない」というあせりから自己啓発本を読みあさったり、自己啓発セミナーに通う人も多いだろう。

しかし、やる気とモチベーションが上がるのは瞬間的なこと。

1ヵ月もたてば、相変わらずの仕事も家庭もプライベートも低空飛行、ということはないだろうか。

そもそもやる気さえあれば、いまのどん詰まり状態を打破できる、仕事ができる男になると思っていないだろうか。

しかし、やる気があっても、そのもととなる活力、すなわち男性ホルモンが低下していれぼ、気持ちばかりが空回りをする。

「やる気」を車のエンジンにたとえれば、男性ホルモンはガソリンの役割を担っている。

いくら一流の整備士がついてもいくら上質なオイルを入れても、ガソリン不足であれば車は走れない。

仕事も家庭もうまくいかないときは、なんらかの理由で男性ホルモン値が落ちている可能性がある。

自己啓発セミナーに通うよりは、パフォーマンスの向上になくてはならない男性ホルモンをコントロールすることが解決の近道かもしれない。

男性ホルモンを上げるのは、そう難しいことではない。

男性ホルモンのレベルは個人差が大きい。

70代、80代になっても若いころと同じくらいの男性ホルモン量を維持している人がいるかと思えば、反対に、まだ30代なのに70代よりも低い男性ホルモン値の人もいる。

この差はどこからくるのか。

男性ホルモンの分泌は、メンタル面や環境によって大きく左右される。

多くの人は気づいていないが、その人のライフスタイルそのものが、男性ホルモンに大きな影響を与えている。

深夜までの残業続きで、夜中に腹が減り、夜食はカロリーたっぷりのコンビニ食。

職場では尽きない対人関係の悩みや仕事のストレスがずっしりのしかかる。

土日は、疲れて1日中、テレビを見ながらグダグダ寝ている。

こんな生活を送っているとしたら、男性ホルモン量が減るのは当たり前だ。

男性ホルモンをアップするちょっとしたコツ

じつは男性ホルモンを上げることはそうむずかしいことではない。

生活習慣は「これまでもそうだったから、今日も同じことをする」という惰性で行われている。

その生活習慣を変えればいい。

ライフスタイル、食事、運動・・・

生活習慣を変えて男性ホルモン値を上げれば、人生が変わる。

精力剤で一時的でもいいからまず精力アップをするのも1つの手だ。

ペプチアで精力アップできれば、精力アップしたことで体が良い流れに傾くかもしれない、そうすればおのずと身体のリズムは良い方向にどんどん循環していく。

まるでインフレのように・・・。

とにかく精力アップできそうなことをまずはできることからでいい。

実践あるのみ。

はじめてみれば、毎日の生活が変わる。人生も変えられるのだ。