勃起力の急低下は酒、タバコが原因?

急激に勃起力が落ちることと、タバコや酒と直接的に関係があるとは思われませんが、間接的に関係がある場合が多いようです。

酒の飲みすぎによる肝機能の低下や糖尿病、たばこによる高血圧や心臓病があれば、当然勃起力が低下します。

また、50歳を過ぎる頃なら性的能力の入老期、ちょうど勃起力が弱くなるころにあたります。

中折れもこのころから多く見られます。

気になる場合は、一度人間ドックを受けて、肝機能などを調べるとよいでしょう。

悪いところがあればそこを治すのが先決です。

どこも悪くなければ、勃起力の低下は年齢的なものと考えられます。

若くはないのですから、酒やたばこはほどほどにしてください。

好きな女性との性交ほど早濡になる

これは、若い男性のほとんどが悩んでいるテーマではないでしょうか。

男というものは若いうちは早漏で、ある程度の年齢になると中折れや遅漏で悩まされるものです。

また、好きな女性になればなるほど早漏になるというのも、当たり前のこと。

なぜなら、それだけ興奮度が高いからです。

中には挿入前におもらしする人もいるくらいです。

早漏防止の方法としては、昔からいわれる「金冷法」があります。

これは熱いお湯と冷たい水を、ペニスと皐丸に交互にかけてペニスの感度を鈍くする方法です。

毎日、二、三分でいいから続けることが大切とされています。

また、次に枕元に濡れ手ぬぐいを置き、射精しそうになったらそれを掴んで注意をそらすという方法も伝えられています。

セックスのマンネリを打破するには

「結婚10年。妻とのセックスがマンネリで面白くない。妻もさっさと終わってよ。といった感じで、最近は勃起しないことも」と嘆く男性諸氏も多い。

マンネリを打破して新鮮な性行為をするにはどうしたらよいのでしょうか。

結婚生活も10年になりますと、セックスがマンネリになっても何ら不思議なことではありません。

これでは何のためにするのか、お互いに面白くないハズです。

マンネリを打破する方法としては、男性が女性を喜ばせるテクニックをもっと磨くこと「さっさと終わってよ」といった感じの奥さんが、モダえまくっているのを見れば、セックスが新鮮なものと感じるはずです。

二人で指南書やAVを見て努力することも大切です。

ラブホテルを利用したり、旅行に行ってするのもいいし、ソフトSMもいいでしょう。

ようするに普段と違った方法や環境でコトをいたすことがマンネリ打破になるのです。