男と女のコトの始まりと終わり

男性は女性の裸体を見たり、想像することで、即興奮状態に入れ、ペニスの勃起反応が起こります。

しかし、女性の場合は個人差があるにしろ、まずムードが大切で、キスしたり、愛撫をしばらくされないと、体が反応せず、愛液が出て受け入れ体制が整わないのです。

男は射精後、急速に興奮がさめ、ペニスも収縮します。

場合によっては、側に女性が居るのも、わずらわしく感じることもあります。

射精したらさっさと、寝てしまったりするのもこの性質のためです。

一方、女性はゆっくりと余韻を楽しみたい性質があり、抱かれたり、キスをされたりの後技を期待するのです。

女性は全身が性感帯

男の性感帯はペニスに集中しています。

その他は精々乳首とか脇腹、内股、肛門周辺が多少感じる程度です

しかし、女性は全身が性感帯になる可能性を秘めています。

特に敏感な部分は、性器自身(クリトリス、小陰唇、大陰唇、膣、膣前庭など)や乳房、乳首、紅門、会陰、唇などですが、その他耳や鼻などの開口部や、うぶ毛の生えた部分、手足の指の間やわきの下、のど、お尻、背中、内股、髪の毛などほぼ全身の実にさまざまなところに性感帯は散らばっています。

女性の中で感じないというのは、まだその部分が開発されていないだけといえます。

さて、なんといっても飛び抜けての性感帯はクリトリス。

実は胎児の時、男性はクリトリスが肥大してペニスに変わるのです。

大きなペニスを小さなクリトリスに圧縮したものだから当然神経の密集度が高く、刺激にとっても敏感で、感じればペニス同様勃起もするのです。

男性はペニス感覚で強くこすれば感じるだろうと思って、包皮を剥いてこする人がいますが、敏感な部分だけにそれでは痛いだけです。

女性に感じてもらいたいなら、クリトリスは包皮の上から優しくなぜるぐらいでちょうどいいのです。

指で軽くはさんだり、舌でのクンニリングスが適しています。

あくまでもソフトにソフトに・・・。

クリトリスのすぐ下の大陰唇や小陰唇も、神経が集中して敏感なところ、愛撫しつづけるとやがて感じ、膨張してきます。

男性にとって最後の目的となる腫は、ペニスが挿入されることで深い精神的満足感を感じることが出来ますが、膣自体はさほど敏感な感覚を持っているわけではありません。

腹上死を起こさないようにするには

話は変わりますが、ここで、セックス中に腹上死をしないようにするための注意点についてもご紹介しておきます

いわゆる腹上死には二つのタイプがあります。

一つは心臓系によるもので、もうひとつは、脳溢血などの脳血管系によるものです。

このどちらにも関係しているのが血圧です。

正常な人でも性交をすると血圧が上昇しますので、血圧の高い人は注意が必要です

ですから、腹上死を起こさないようにするには、一にもニにも血圧を正常に保つことが重要です。

また、心臓に持病などがある場合は、激しい行為は避けなくてはいけません。

腹上死の相手は奥さんよりも愛人が圧倒的に多いといわれています。

いつも相手をしてくれる奥さんに比べて興奮度が高いため、それだけ血圧が上がるのが原因なのでしょう。

皆さんも気をつけてくださいね