精力アップ・精力増強に効果的と話題のペプチアですが、

精力アップの為にはペプチアを飲むだけでなく様々な工夫が必要になってきます

その一つとしてあげられるものが「運動」ですが、ここではその運動と精力増強についての関係性やおススメの運動法をご紹介していきます!
 

歩くだけでも精力がアップする!?

「なんたって運動だよ」というのは大手損害保険会社に勤めているUさん(48歳) です。

Uさんは45歳の時に急激に精力が落ちたことを実感、以来、奥さんの薦めもあってフィットネスクラブに通うようになりました。

「俺が通っているクラブには専門のインストラクターがいるから、自分の体力にあわせて、プラグラムを作ってくれるんだ。行き始めた頃はすぐに息があがって、こんな苦しい思いはしたくないって思ったもんだけど、今では身体がすごく楽になってね。クラブに通うのが楽しくて仕方がないよ。もちろん、それにつれて夜の生活も充実していったわけさ」

Uさんのようにフィットネスクラブに通って運動することも良い方法でしょう。

しかし、何もお金をかけなくてもジョギングやウォーキングといった手軽な方法で日頃の運動不足を解消している方も大勢います。

それもエレベーターを使わないで極力階段を利用するようにしているとか一つ手前の駅で降りて家まで歩いて帰るようにしているといった工夫をしている人もいました。

もちろん、それだけでも十分な運動です。

セックスは体力勝負でもある!

考えてみれば、セックスは、ある意味で体力勝負という一面もあります。

体力をつけることが、精力アップにもつながるということは確実です。

大事なことは、無理のない方法で運動を生活に取り入れリラックスしながら運動不足を解消することができるかということでしょう。

しかしゴルフやジョギングなどを週に一度するだけで、運動をしたような気になっている人も見かけますがこれはあまり良いことではありません。

もちろん、何もしないよりはましかもしれませんが、運動はできるだけ毎日、継続して行なうほうが効果的で、結局は長続きするものなのです。

その点、歩くという運動は、毎日手軽にできて、リラックスもできる最適な方法ではないでしょうか。

先に紹介したようにエレベーターに乗ることをやめて階段を昇り降りすることも歩くことにつながりますし、仕事の途中でもできるだけ車や電車に頼らず、歩くように心がけることは簡単なことです。

歩く目安は1日に1万歩というところでしょう。

ウォーキングがもたらす精力アップ効果

しかも歩くということはペニスを鍛えるためにも効果があるのです。

足を動かす神経とペニスを動かす神経は同じ自律神経や反射機能のもとにあり、足の付け根あたりにはぺニスに血液を送るための血管や神経が集中しています。

足を動かすということは、すなわち血行を良くし、ペニスの機能も鍛えるということにもなるのです。

そしてそのためにはダラダラと歩くよりは、多少早足で歩いた方がより効果的です。

早足で歩いた方がよりペニスの血管や神経を刺激することができるからです。

それに早足で歩けば、多少、心臓がドキドキしてきますが、それは心臓が大量の血液を送り出し、肺がより多く酸素を般入しようとしているからで、心肺機能を鍛えるためにも効果があります。

心肺機能が向上すれば、多少の運動では息が上がらなくなってきますので、セックスの際も、息を切らすようなことはなくなります。

まさに一石二鳥の効果といえます。

もちろん、あまり無理をして早足で歩くことは危険です。

現在の自分の体力にあわせて、歩く速度を調節することが大切で、また、できるだけリラックスして歩くように心がけましょう。

皆さんも明日から万歩計などを身につけて1日1万歩を目標に毎日のウォーキングを始めてみてはいかがですか?