精力アップに期待できると多くの方に人気のペプチア。

ではそんなペプチアを飲みながら実践できる精力アップ方法はどんなものがあるのか?

ここでは精力アップのための男性ホルモンアップ術についてご紹介していきます
 

こんな適度なストレスなら、男性ホルモンを上げてくれる。

とかく悪者扱いされるストレスだが、ストレスがまったくない状態では逆に思考能力が低下する。

適度なストレスはストレス耐性を高め、やる気の原動力になるのだ。

たとえぼ、自分にとって少しハードルが高い仕事を受けたとき、自らを奮い立たせてやりとげた経験はないだろうか。

あるいは、学生時代なら試験の前日、いまなら仕事の納期の前日に、われながら驚くほどの集中力を発揮できたことはないだろうか。

また、「あの大学に入るのは無理だ」といわれたことが発奮材料になり、みごと試験に合格したとか、明日が締め切りの企画をひと晩で仕上げたというような経験。

適度なストレスと緊張感は、刺激となり、やる気や負けん気を起こして奮起の材料となったり、脳を活性化して最高のパフォーマンスを引き出すことがある。

その達成感は、男性ホルモンをガンガン分泌させる起爆剤となるのである。

生きている限りストレスはあるものと心得て、上手にストレス管理をしていくことが自分を高めていくことにつながるはずだ。

ところで、出世は喜ばしいことであるのに、出世したとたん、その重圧に負けて男性ホルモンが落ちてしまう人がいる。

出世などのチャンスのとき、健康に気を付けて男性ホルモンカを上げられる男こそ一流といえる。

覚悟と気概をもって出世せよ!

オン・オフがヘタな男は、男性ホルモン値を下げる。

日々蓄積されるストレスは心身に大きな影響を与えていく。

ストレスをためないためには、オフィシャルとプライベートのオン・オフをしっかりと切り替えることも大切だ。

男性ホルモンが低値の人に共通しているのは、仕事と休日のオン・オフの切り替えが下手だということ。

仕事上のミスや会社の人間関係の悩みを、帰宅後ももち帰ってしまうために、いつまでも心が休まらず、疲れとストレスが蓄積されてしまう。

真面目な人、完壁主義の人、気づかいの人ほど、そういった傾向が強い。

しかし、オフタイムはしっかりと気持ちを切り替えてプライベートを楽しむからこそ、また新鮮な気持ちで仕事に取り組めるのではないだろうか。

帰宅後や休日は仕事のことは考えずに、趣味など自分の好きなことに集中しよう。

思い切り楽しんだことが仕事への原動力になっていくはずだ。

また、完壁主義の人はとくに「ねばならない」といった思考にとらわれがちだ。

仕事の心配で頭がいっぱいになりそうなときは「ま、なんとかなるさ」とつぶやいてみるといいかもしれない。

ストレスフルだと感じたときは、途中で投げ出す勇気をもつことも必要だ。

完壁主義者は、ときに「中途半端にする鉄の意志」をもってほしい。

根拠がなくても希望をもて

ストレスをためやすい人は、細かいこと、具体的なことでくよくよ悩む傾向がある。

やってしまったことを「なぜ、どうして」と悩んだり、あまり先回りして「こうなったらどうしよう」と悩まないほうがいい。

男性ホルモンを上げるには長期的なビジョンをもつことが重要。

たとえ根拠がなくても希望をもつことが大切だ。

ある程度の年齢になって起業して成功している人の条件のひとつに、「意味もなくポジティブ」という要素がある。

ソフトバンクの創業者・孫正義氏はその典型例だ。

孫氏は四歳のときに人生日年計画をたて実践してきた。

いわく、20代で名乗りを上げ、30代で最低でも軍資金1千億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ、というものだ。

我々凡人は孫氏のようにはいかないが、せめて「仕事で必ず重役までなるぞ」とか「10年後には家を建てる」といった希望は根拠がなくてももちたいものだ。

心理学の概念で「自己成就」という概念がある。

根拠のない希望や思い込みをもつと人は無意識にその予言に沿った行動をするという。

そのことによって予言が実現する。

予言は言葉を預かるという意味。

思い込みの力は強力だ。

男性ホルモンが根拠のない希望を実現する可能性の後押しをしてくれるはずだ。

ですので、ぜひともしっかりとしたビジョンを持ち、取り組んで男性ホルモン値を上げると共に精力アップにはペプチアを使用して、元気な生活を送っていってほしい