精力減退に悩みペプチアを使用しようとお考えのそこのあなた!

精力減退は深刻な問題を招きます。

精力アップのためには早めの対策と努力が必要になるでしょう。

ここではそんな精力減退が招く、仕事とプライベートへの影響についてご紹介していきます

 

仕事のミスが多い二流の男は家庭を見ればわかる

メンタル面の不調とともに仕事のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすのが私生活の問題だ。

最近、夫婦仲がうまくいっていない、仮面夫婦状態だとすれば深刻だ。

なぜなら、家庭で夫を応援してくれる妻の存在こそが、仕事の大きな推進力になるからだ。

私生活が充実していなければ、仕事もうまく進まないのは当然だ。

夫婦の危機が訪れる契機はいくつかあるが、見逃してはいけないものに妻の「産後クライシス」と呼ばれるものがある。

子どもが生まれたのを機に、夫婦の愛情が急速に冷え込む状況のことだ。

妻が、夫の育児参加や家事への非協力的な態度に強く不満を抱いたり、産後を機にセックスレスになって、しだいに夫婦仲がギクシャクしてくる。

出産後の妻は、育児疲れやホルモンバランスの乱れで情緒が不安定になることが多く、ささいなことでイライラするようになる。

一方、夫も働き盛りの30代~40代は仕事のプレッシャーが多く、男性ホルモンの低下が起こりやすいときである。

それが原因で怒りっぽくなったり、イライラする。

ささいな夫婦げんかがしだいにエスカレートして、離婚にまで追い詰められることも少なくない。

こうした私生活のストレスは仕事のパフォーマンスに大きく影響する。

仕事でミスが続くときは、家庭の状態に目を向け、改善する努力が必要だ。

「ワーク・ライフ・バランス」より「ワーク・ライフ・シナジー」であれ。

最近、夫婦仲がうまくいっていないと感じるときは、修復の努力が必要である。

それを回避するための解決法は、全力で不満をぶつけあわないことである。

けんかがヒートアップするほど、その後の修復がむずかしくなるからだ。

口論が暴走しそうになったら、ひとつ深呼吸。

「自分も、妻も、ホルモンバランスが悪くてイライラしているんだな」と思えれば、あまりカリカリせずにすむというものだ。

いま、自分はこういう状態にあるのだと客観視できると、気持ちが落ち着くきっかけになる。

その場を離れるというのも興奮をおさめるひとつの方法だ。

最近は、ワーク・ライフ・バランスの進化型として「ワーク・ライフ・シナジー(仕事と生活の相互作用)」という言葉をよく耳にするようになった。

私生活の充実は、幅広いネットワークをつくり、それが仕事での新しいアイデアや企画につながっていく。

仕事で成果を出したいなら私生活を整える必要があり、私生活を充実させたいなら、仕事でも成果を上げる。

仕事と生活が充実し、相互作用でうまくいっている人は、長期間成果を出し続けられるという。

出世する人、しない人の差がここで出るのだ。